総量規制対象外カードローンについて

キャッシングの申込みにあたって注意しなければならないのは、総量規制の影響を受けているサービス、受けていないサービスとがあることです。

 

総量規制の影響を受けているカードローンに申込み、無条件に審査落ちとなってしまうこともありますので、注意が必要です。

 

ここでは、総量規制の基本的な仕組みの説明と、おすすめできる総量規制対象外のカードローンについてご紹介します。

 

 

■総量規制とは?

 

総量規制というのは、消費者金融や信販会社、クレジット外資などを規制する「貸金業法」にある規制の1つです。

 

具体的には、カードローンの利用者の残高の合計額が「年収の3分の1を超えてはならない」という仕組みのことです。

 

つまり、月に5万円のアルバイト収入がある方は「20万円まで」、年収300万円のサラリーマンの方は「100万円まで」というように、法律によって融資可能な上限額が決められていることになります。

 

 

■年収の3分の1超の融資を受けるには?

 

総量規制が問題となるのは、
 ・年収の3分の1超の融資を受けたいとき
 ・年収がない専業主婦などが利用したいとき
などです。

 

このような事情があるときは、総量規制対象外となる、銀行カードローンの中からサービス選ばないといけません。

 

利用できないのに、消費者金融に申込み、審査落ちしてしまっては、時間や労力の無駄になるからです。

 

また、貸金業法では、50万円を超える契約をする場合に「収入証明」の提出を義務づけています。

 

収入証明を用意する時間がないときも、銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

 

 

■おすすめできる総量規制対象外カードローン!

 

おすすめできる総量規制対象外のカードローンは、バンクイックや新生銀行レイクです。

 

どちらも100万円までは収入証明不要ですし、即日融資も実現できます。

 

バンクイック、新生銀行レイクともに安心して利用できますが、サービスの違いなどもありますので、ホームページで確認するようにしてください。